node.jsでAmbientにデーターを送信するライブラリーです。

インストール

ライブラリーはnode.jsのパッケージ管理サービスnpmに登録してあり、次のようにnpmコマンドを使ってインストールすることができます。

    $ npm install ambient-lib

ライブラリーの読み込み

ライブラリーの読み込みは次のようにおこないます。

    var ambient = require('ambient-lib');

Ambientへの接続

Ambientにデーターを送信するときは、最初にチャネルIdとライトキーを指定してAmbientに接続します。

    ambient.connect(チャネルId, ライトキー[, リードキー[, ユーザーキー]]);

Ambientへのデーター送信

    ambient.send(data, callback(err, res, body));

パラメーター

  • data: 次のようなJSON形式で、キーはd1からd8のいずれかを指定します。
    var data = {d1: 1.1, d2: 2.2};
  • callback: データー送信後に呼ばれるコールバック関数。パラメーターはrequestモジュールのコールバック関数のパラメーターと同じです。

こんな風に使います。

    ambient.send({d1: 1.1, d2: 2.2}, function(err, res, body) {
        if (err) {
            console.log(err);
        }
        console.log(res.statusCode);
    });

この形式でデーターを送信した場合、Ambientはデーターを受信した時刻を合わせて記録します。次のようにデーターを測定した時刻を指定することもできます。

    var data = {created: 'YYYY-MM-DD HH:mm:ss.sss', d1: 1.1, d2: 2.2};

また、次のように複数のデーターを一括で送信することもできます。

    var data = [
        {created: '2017-02-18 12:00:00', d1: 1.1, d2: 2.1},
        {created: '2017-02-18 12:01:00', d1: 1.5, d2: 3.8},
        {created: '2017-02-18 12:02:00', d1: 1.0, d2: 0.8}
    ];

以前は複数データーの一括送信はbulk_send()という関数を提供していましたが、send()で1データーでも複数データーでも送信できるように拡張しました。 bulk_send()は互換性のために残してあります。

複数データー一括送信 bulk_send()

複数データー一括送信 bulk_send()は、互換性のために残してあります。

    ambient.bulk_send(dataarray, callback(err, res, body));

パラメーター

  • dataarray: 次のような形式の配列です。 createdはデーターの生成時刻で、値は“YYYY-MM-DD HH:mm:ss.sss”という形式か、 数値を渡します。 数値を渡した場合は1970年1月1日00:00:00からのミリ秒と解釈されます。
    var dataarray = [
        {created: '2016-07-07 12:00:00', d1: 1.1, d2: 2.1},
        {created: '2016-07-07 12:01:00', d1: 1.5, d2: 3.8},
        {created: '2016-07-07 12:02:00', d1: 1.0, d2: 0.8}
    ];

Ambientからのデーター読み込み

データー送信と同様に最初にチャネルIdとライトキー、リードキーを指定してAmbientに接続します。読み込みしかしない場合、ライトキーは”を指定しても大丈夫です。

ambient.connect(チャネルId, ライトキー[, リードキー[, ユーザーキー]]);

データーの読み込みにはデーター件数を指定する方法、日付を指定する方法、期間を指定する方法があります。

件数を指定してデーターを読み込む

ambient.read({n: 件数[, skip: スキップ件数]}, function(err, res, data) {
    console.log({err: err, data: data});
});

パラメーター

  • n: 読み込むデーター件数を指定します。最新のn件のデーターが読み込まれます。
  • skip: スキップ件数。最新からスキップ件のデーターを読み飛ばし、その先n件のデーターが読み込まれます。
  • callback: データー送信後に呼ばれるコールバック関数。パラメーターはrequestモジュールのコールバック関数のパラメーターと同じです。

戻り値

次のようなJSON形式の配列が返されます。

[
    {created: '2017-02-25T15:01:48.000Z', d1: 数値, d2: 数値, d3: 数値},
    {created: '2017-02-25T15:06:47.000Z', d1: 数値, d2: 数値, d3: 数値},
    ...
];

データーの生成時刻’created’は協定世界時(UTC)で表示されます。データーは生成時刻の昇順(古いものから新しいものへ)で並びます。

日付を指定してデーターを読み込む

ambient.read({date: 'YYYY-mm-dd'}, function(err, res, data) {
    console.log({err: err, data: data});
});

パラメーター

  • date: ’YYYY-mm-dd’: 指定した日付のデーターを読み込みます。

戻り値

件数を指定した場合と同じJSON形式の配列が返されます。

期間を指定してデーターを読み込む

ambient.read({start: 'YYYY-mm-dd HH:MM:SS', end: 'YYYY-mm-dd HH:MM:SS'}, function(err, res, data) {
    console.log({err: err, data: data});
});

パラメーター

  • start: ’YYYY-mm-dd HH:MM:SS’:
  • end: ’YYYY-mm-dd HH:MM:SS’:
    startからendまでの期間のデーターを読み込みます。

戻り値

件数を指定した場合と同じJSON形式の配列が返されます。

関連リンク

ライブラリーのソースコードはGithubで公開しました。