M5StackでセンサーデーターをAmbientに送る (Arduino編)

M5StackはEspressif社のマイコンESP32を搭載したコンパクトなIoT端末です。このM5Stackにセンサーを接続し、Arduinoで制御してセンサーデーターを読み、Ambientに送る例を紹介します。

M5StackでセンサーデーターをAmbientに送る (MicroPython編)

M5StackはEspressif社のマイコンESP32を搭載したコンパクトなIoT端末です。このM5Stackにセンサーを接続し、MicroPythonで制御してセンサーデーターを読み、Ambientに送る例を紹介します。

M5Stack+心拍センサー+GPSで移動中の心拍数を記録する

M5Stackに接続できるGPSモジュールと心拍センサーを使い、散歩やサイクリングなど、移動中の位置と心拍数を記録します。

M5StackでBLE環境センサー端末を作る

温度、湿度、気圧を測定し、データーをM5StackからBluetooth Low Energy(BLE)で発信する例です。BLEで発信したデーターはゲートウェイで受信し、Ambientに送信して可視化します。

M5GO IoT Starter Kit

「M5GO Iot Starter Kit」を使って温度などを測り、Ambientに送って可視化するサンプルです。

BLE環境センサー・ゲートウェイ(ESP32編)

ESP32はWi-FiとBluetooth Low Energy (BLE)通信機能を持っています。この機能を使い、BLEセンサー端末からデーターを受けて、クラウドに送信するBLEゲートウェイを作ります。

M5Stackで音を測る

M5Stackにマイクモジュールをつないで、音の大きさと周波数成分を測ります。

M5Stackとクランプ式電流センサーで交流の電流値を測る

M5Stackとクランプ式電流センサーを使って、機器が使用する電流値を測ります。

M5Stackにサーマルカメラをつなぐ

M5Stackにサーマルカメラをつなぎ、温度分布をLCDに表示します。

M5cameraでWebカメラを作る

M5cameraを上下左右に首の振れるパン・チルト機構に載せて、別のM5Stackのジョイスティックから首振り制御するWebカメラを作ります。

M5Stackで距離を測る

M5Stackと三つの測距センサー、SparkFun製のHC-SR04、スイッチサイエンス製のVL53L0X、ガーミン製のLIDAR-Lite v3HPを使って距離を測ります。LIDAR-Lite v3HPでは速度も測りました。

M5StickCで小型環境センサ端末を作る

「M5StickC」を使って小型の環境センサ端末を作ります。

M5Stackで紫外線を測る

一年中地球に降り注いでいる割には、あまり実態を理解していない紫外線をUVセンサで測定してみます。

パソコン上のM5Stackの3Dモデルを、M5Stackの動きに合わせて動かす

M5Stack Grayなどに搭載されているIMUを使って端末の姿勢を計算し、姿勢データをパソコンに送り、パソコン上に作ったM5Stackの3Dモデルを、実際のM5Stackの動きに合わせて動かしてみます。

ダストセンサで空気中のホコリを測定する

M5StackとGrove ダストセンサを使い、空気中のホコリの量を測定します。

M5StackでIoTデバイスの消費電流を測定する

IoTデバイスの消費電力を把握するために、0.1mA単位でIoTデバイスの消費電流を測定する電流モニターを作りました。

M5Stackの消費電力調査

IoTデバイスの消費電力を測定する電流モニターを使い、M5Stackの消費電力を測定しました。また、ほぼ同じハードウェアとプログラムをESPr Developer32で動かしたときの消費電力を測定し、比較しました。