シグナルタワー(パトライト)の状態をデジタル化

緑・橙・赤の光で設備などの状態を表示するシグナルタワー(いわゆるパトライト)は工場や物流などの現場でよく使われています。このシグナルタワーの状態をデジタル化し、Ambientに送って稼働状態を可視化します。

Sigfox

M5Stackにつけた環境センサで温度、湿度、気圧を測り、そのデータをSigfoxで送信し、SigfoxクラウドからAmbientに転送してグラフ化してみます。

RS485 / Modbus

電波の届きにくい場所で、RS485を使ったセンサネットワークを作る事例です。

UIFlow(Blockly)でAmbientにデータを送る

UIFlow(Blockly)でAmbientにデータを送るブロックを作りました。使い方を説明します。

M5Stackの消費電力調査

IoTデバイスの消費電力を測定する電流モニターを使い、M5Stackの消費電力を測定しました。また、ほぼ同じハードウェアとプログラムをESPr Developer32で動かしたときの消費電力を測定し、比較しました。