micro:bitで温度データーをAmbientに送りグラフにする(ブロードキャストモード編)

micro:bitを使って温度データーをBluetooth Low Energy (BLE) で発信し、ゲートウェイ経由でAmbientに送って、記録し、グラフ化(可視化)します。micro:bitとゲートウェイをBLEブロードキャストモードで通信する方法を説明します。

Obnizでセンサーデーターを取得しAmbientに送る

Obnizで環境センサーを制御し、センサーデーターを取得してAmbientに送り、可視化します。

M5StackでBLE環境センサー端末を作る

温度、湿度、気圧を測定し、データーをM5StackからBluetooth Low Energy(BLE)で発信する例です。BLEで発信したデーターはゲートウェイで受信し、Ambientに送信して可視化します。

M5StackでセンサーデーターをAmbientに送る (Arduino編)

M5StackはEspressif社のマイコンESP32を搭載したコンパクトなIoT端末です。このM5Stackにセンサーを接続し、Arduinoで制御してセンサーデーターを読み、Ambientに送る例を紹介します。

ESPr Developer + Ambientで自宅の環境モニターを作る

スイッチサイエンスさんのESP-WROOM-02開発ボード「ESPr Developer」とAmbientで温度、湿度などを周期的に測定する気象モニターを作ります。