ESPr Developer + Ambientで自宅の環境モニターを作る

スイッチサイエンスさんのESP-WROOM-02開発ボード「ESPr Developer」とAmbientで温度、湿度などを周期的に測定する気象モニターを作ります。

Raspberry Pi3で温度湿度を測定し、Ambientで可視化する

Raspberry Pi3とHDC1000というセンサーで温度、湿度を測定し、IoTクラウドサービス「Ambient」に送って可視化(グラフ化)しました。プログラムはPythonで書きました。

AmbientのデーターをPythonで扱う

AmbientのデーターをPythonで読み込み、pandasのDataFrameに変換してグラフ化などをおこなう事例を紹介します。

Pythonで複数チャネルのデーターを扱う

複数チャネルに蓄積されたデーターを一つのグラフに表示して比較するためには、Ambientからデーターを取り出し、処理する必要があります。ここではPythonを使って複数チャネルからデーターを読み込み、一つのグラフに表示する方法を紹介します。

Ambientと「Simple IoT Board」で心拍をモニターする

心拍センサーの値をmbed「Simple IoT Board」で読み、 Ambientに送って心拍数をモニターした事例です。

Genuino 101からBLE経由で心拍数をAmbientに送りモニターする

Genuino 101を使い、BLE(Bluetooth Low Energy)経由で心拍数をAmbientに送って確認する心拍モニターを作ります。

ESP8266と心拍センサーとAmbientで心拍波形をモニターする

ESP8266と心拍センサーを使って心拍データーを取り、Ambientに送って波形をモニターします。

AmbientとArduino ESP8266でマイコンの消費電流モニターを作る

Arduino ESP8266と電流計モジュールINA226PRCを使い、ミリアンペア単位の電流値を数ミリ秒間隔で測定して、数十秒記録し、Ambientに送ってグラフ化する消費電流モニターを作りました。

ESP8266の消費電流の徹底調査

Ambientを使ってESP8266の消費電流を調べました。Deep sleepからWi-Fiオンで復帰した場合、Wi-Fiオフで復帰した場合などの消費電流が分かりました。

Node-REDでAmbientにデーター送信して可視化する

Node-REDからAmbientにデーターを送信して、可視化(グラフ化)する方法を説明します。

Arduino ESP8266とAmbientで家の電力使用をモニターする

ESP8266はArduinoが動くWi-Fiモジュールです。 このESP8266を使って、家の電力使用量を測定し、Ambientでモニターします。

「Simple IoT Board」で温度を測定し、Ambientに送信してグラフ化する

mbed「Simple IoT Board」とGrove社製の温度センサーを使って、温度を測定し、 Ambientに送ってグラフ化するサンプルを紹介します。

Wio node + Groveセンサー + Node-RED + Ambientで超簡単IoT

Wio nodeを制御するNode-REDのノードを使って、Wio nodeに繋いだセンサーデーターをNode-RED経由でAmbientに送ってグラフ化しました。

IchigoJam + MixJuiceで製作するIoTセンサ

IchigoJam + MixJuiceでIoTセンサーを製作する事例を国野さんに寄稿していただきました。

タブレイン社「TABシールド」+「3GIM」で部屋の温度と明るさをモニターする

タブレイン社「TABシールド」と3G通信モジュール「3GIM」で部屋の温度と明るさをモニターします。