SensorTagで測った温度、湿度などをRaspberry Pi3経由でAmbientに送ってグラフ化する

TI社のSensorTagで測った温度、湿度、気圧、照度、バッテリーレベルをBluetooth Low Energy(BLE)でRaspberry Pi3(RPi3)に送り、RPi3からAmbientに送ってデーターをグ […]

Ambientの位置情報付きデーターをPythonで読み込み、地図上にマップする

  Ambientの位置情報付きデーターをPythonで読み込み、GeoDataFrameに変換し、地図上にマップしてみます。 位置情報を扱うにはgeopandasとgeopyが、地図にはfoliumというライブラリーが […]

Jupyter NotebookのドキュメントをWordPressに貼り込む

Jupyter NotebookはPythonプログラム(最近はRなど他の言語でも使えるようです)の実行環境で、プログラムとその実行結果、ドキュメントを一つにまとめることができます。特にmatplotlibを使ってデータ […]

Pythonで複数チャネルのデーターを扱う

複数チャネルに蓄積されたデーターを一つのグラフに表示して比較するためには、Ambientからデーターを取り出し、処理する必要があります。ここではPythonを使って複数チャネルからデーターを読み込み、一つのグラフに表示する方法を紹介します。

Pythonライブラリーでチャネル情報を取得できるようにしました

先日、AmbientのPythonライブラリーを拡張し、Ambientのデーターを読み込めるようにしました。pandas、matplotlibと組み合わせてPythonで柔軟なグラフ化ができるようになりました。 Ambi […]