Raspberry Pi3のPythonで複数台のSensorTagを扱う

Raspberry Pi3のPythonでSensorTagのデーターを読み取り、Ambientに送信してグラフ化しています。 プログラムは複数台のSensorTagを扱えるようにしてありましたが、2台目のSensorT […]

ESPr Developer + Ambientで自宅の環境モニターを作る

スイッチサイエンスさんのESP-WROOM-02開発ボード「ESPr Developer」とAmbientで温度、湿度などを周期的に測定する気象モニターを作ります。

環境モニター4号機

ESP8266を使って電池駆動の環境モニターを作っています。今回、4つ目のバージョンとしてWi-FiのSSIDやAmbientのチャネルIDなどの情報を外部から設定できるようにしました。 ハードウェア構成 ハードウェアは […]

気象庁に相談にいきました

先日、気象庁の観測部計画課を訪問し、自作のセンサー端末で気温、湿度などを測定しWebページで表示する際の注意点について相談してきました。 背景は皆さんご存知の気象業務法です。気象業務法では「気象観測」とは大気の諸現象を自 […]

環境モニター3号機

ESP8266を使って電池駆動の環境モニターを作っています。今回、三つ目のバージョンとして、温度、湿度、気圧に加えて照度を測定するようにしました。 1号機から3号機までのハードウェア構成 写真の左が1号機、真ん中が2号機 […]